スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花畑

test
pppp
DSCF0030_convert_20120331162734.jpg
DSCF0029_convert_20120330201847_convert_20120331144236.jpg
DSCF0028_convert_20120331144107.jpg
DSCF0024_convert_20120331143654.jpg
DSCF0026_convert_20120331141114.jpg
DSCF0023_convert_20120331140426.jpg
mmm
DSCF0020_convert_20120330201431_convert_20120331140006.jpg
DSCF0019_convert_20120331135727.jpg
ppppp
今年も沢山のお花を頂き誠に
有難う御座いました
お互いの身体が読く限り頑張りますので
応援ヨロピコお願い奉り候
感謝・感謝していますm(__)m
スポンサーサイト

霊との遭遇

32年前に霊感のある彼女と知り合い
興味もあり色々と勉強し、自分なりの解釈と体験談を
述べてみたいと思います
江原さんがテレビに出る前の話なので
後に江原さんが話す事に一つ一つ納得ができます
死ぬと言う事は魂と身体が離れる事
魂は永遠だと言う事
すなわち輪廻転生であると言う事
これは間違いない
現世で魂は色んな事を体験しながら成長するもの
そして来世に生かす
自分自身の魂を浄化するにはを流す事
悲しみや感動の涙でいいのです
霊を怖がっては、いけない
霊も自分達の存在を知らせたいのです
その為に霊感がある人を神様が造るのです
人間の両肩には必ず付いていますし
家の中にも居ると言う事
たえず見られていますから悪い事はできないよ(笑)
人間社会において悪い人は警察官が取り締まります
霊社会でも良い霊もいれば悪い霊もいます
人間と一緒です
人間は悪い霊を裁く為に霊媒師がいるのです
なかには偽物もいますので注意する事
多額な礼金を求める霊媒師は要注意です
霊と共存共栄する事が俺の考え方である
皆さんもいずれ死ぬ為に生きているのですから
あちらの世界を怖がらず楽しみして
逝く事が大事だよ・・・・なんちって
今日はここまで

苦手な二人

俺が世の中で頭の上がらない人が
二人います
兄貴と義兄です
今現在兄は会社を閉めて長野に古屋を買い
夫婦で悠々自適の人生を謳歌しています
年が離れてるせいか子供の頃から父親がいなかったので{離婚}
父の様な存在でした
離婚の事情で日大を中退したのですが頭も良く話術もすぐれ
スポーツも万能で太刀打ちできません・・・
強いて言えば身長で勝っているだけかな・・・とほほ
もう一人は一番上の姉の旦那さんです
小千谷で会社を経営しているのですが
地位もあり財力もあるのに偉ぶらない
高級車に乗る訳でもなく豪邸に住んでいるのでもなく
かと言ってケチでもなく
俺的には尊敬の方が強いかも
昔から今でも彼の事を「おんちゃん」と
呼んでいます
中越地震の時に会社も住宅も被害に遭ったのに
わざわざ俺の所に多額の見舞金を持って来てくれた
後で姉に聞いた所
数十社ある下請けの会社に見舞金を届けたとの事
やっぱり「おんちゃん」は凄いと思う
とにかく真面目な人です
俺とは正反対・・・反省






葬式

俺は見送るのも見送られるのも嫌いだ
だから俺が亡くなっても葬式だけは
絶対にやるなと言ってある
お坊様には悪いが、お経もいらない
お経は自分が亡くなったということを
認めさせる為の手段だと思う
どんなに立派な葬式をあげても
葬式をあげない人でも
そのが成仏できるか非なかは
葬式ではない
魂自身が決めるものだと思う
この年になってとの関わりが
少しではあるが身近なものになっている・・・
それはまた後でお話しします
乞うご期待




お休み

今日は休みだったので
カミさんとドンキに行って来ました
商品がゴチャゴチャして
独特な匂いに負けて早々と退散しました
帰りに加藤食品でお買い物をして
ケーズ電気に寄り外食しょうと思ったのに
カミさんが浪費したから×で家で
寂しく老人二人でカップラーメンを食べ
夕飯は、またも手造りラーメンで
馬勝ったよ
デザートはポテトのケーキとインスタントコーヒー
お腹がパンク状態だ
血糖値が気になる・・・・・のだ総理


いやはや

お客様には色んな方がおられます・・・・
入って来るなり自分のいつもの席が
座られないと帰ってしまう人・・・
60~70歳位の3~4人の叔母様達は
やはり自分達の席があるらしく
その場所が埋まっていると
その席に座っている人に
「この場所は私達の席ですから変わって頂けるかしら」て言って
追い出との事
バイトの女子から聞いて俺は・・・唖然
開いた口が塞がらないとはこの事だ
リーダーが注文を決めて後は右習いでO・K
リーダーは大食漢なのだ
モーニングを注文すると必ずパンを追加した後
おにぎりを又追加・・・・胃袋強し
炒飯も必ず大盛りである
又ある叔母様達はテーブルに茶菓子を広げて食べたり
漬物{野沢菜}を食べたり・・・・
いやはや恐れ入りマンコのちんじら
叔母様強し
長生きしてくれる事を祈ります
次は30代の男性
一人なんですが誰かと会話をしています
身振り手振りで声をだし笑ったり・・・・
たぶんとお話し、しているのかな?
樹林館七不思議なのだ

伝家の宝刀

前のお店{珈茶舞蘭花}から
今までに30数人のお客さんを
出入り禁止にしました
カミさんは「商売なんだから考えたら」と
怒るけど俺の気持ちがどうしても
許せないのだ
それでお客さんが減っても俺は悔いはない
自分のお店で妥協する位なら
閉めた方がまし・・・
類は友を呼ぶ
それを許したら同種の人が又同じ事をするので
頑として実行してきた
でも何年かして来店した人もいます
その時は笑顔で迎える・・・
当初から俺の考えは
「来る者は拒まず去る者は追わず」の主義
生意気かも知れないが
俺流の生き方だからごめんなさい
この1~2年は伝家の宝刀{出入り禁止}が一人もいないので
年と共に俺も丸くなったのかな・・・





お店の誕生日

3月27日は20回目開店記念日である
珈茶舞蘭花{カサブランカ}の時から
数えれば35年目を迎えるのだ
思えば遠くに来たもんだ
35年間毎年開店記念日には
お客様に細やかではありますが35年間記念品
上げております
初心の感謝の気持ちをを忘れずに
自分自身の信念に基ずき
お店を辞めるまでやり遂げようと思っています・・・・なんちって
毎年お客様から沢山のお花を頂き
お店の中が、お花畑になる日です・・・
カミさんはお花が好きなので
至福の日だと思う
ちなみに俺は花より団子鼻
カミさんの好きな花は白いカサブランカ
俺の好きな花は悲しいかな便所草
前に玄関に飾ってある鉢植えの花を足で
躓いて倒したら怒涛の如く罵倒された・・・
「お前は俺より花の方が大事なのか」
ふてぶてしく
「当たり前でしょ」
こ・こ・この野郎
俺は・・・
それ以来鉢植えの花に気を使う様になった自分が
情けない・・・・ショボ







ホワイトでい

昔から俺のお返しは
パンツにしている
下着って何着あっても
困るものでもないし・・・・
着ける時に「このパンツはマスターから貰ったもの
その時に思い出してもらえれば
男冥利に尽きる
俺は・・・変態か
俺は小心者だからカミさんにパンツを
買ってきて貰う・・のだ
かなり前にTバックのパンツとか
穴付きパンツをあげたら
GOGOの非難をあびたので
それ以来自分で買うのを止めた・・のだ
可哀そう・・・なのだ{バカボンのパパ風}
終わりなのだ

常連様

お店のお客様で10数年前からお見えになっている
Sさんと言う社長夫人がおられます
この方は社交的で品があり話好きで
とても素晴らしい夫人です
国内・海外を問わず旅行に行かれると
必ず、お土産を買ってきてくれます
バレンタインの時も毎年、カミさんと俺とバイトに
手作りチョコと手作りケーキを持って来てくれます
お店の開店記念日には、これも又、毎年
高価なのお花を持って来て下さいます
本当に良くして頂き感謝の念で一拝です
俺は話ベタなので二人の会話を、いつも
指を咥えながら聞いています
カミさんの人徳なんだと思う
俺も昔は人徳があるって言われたけど・・・
俺の人徳はどこに行ったんだろう?
あの橋の欄干から落としたのかな
褒める訳じゃないけど
カミさんが
同性にモテるって言うのは
悔しいけど脱帽
素晴らしいお客様に恵まれて
俺達は幸せ者です
感謝しなくては・・・・
Sさん今後共宜しくお願い致します

1~3代の「まり」」

子供の頃スピッツを飼っていた
名前は「まり」
昔は放し飼いを、していたから
学校から帰ると大声で「まりー」と叫ぶと
はるか遠い所から土煙をあげながら
走って来る
デスクブレーキじゃないから
すぐには止まらずいつもオーバーして
飛びついて来る、そんな「まり」が大好きだった
「まり」の世話は俺と二人の姉貴達
所がどういう訳か大きくなると忽然と
姿を消してしまうのだ

涙を流しながら三人で探した・・・
二匹目もスピッツで同じ名前の「まり」にした
同じくまた大きくなったら蒸発・・・
三匹目もスピッツで又「まり」にした
同じく成人したら蒸発・・・
名前が悪いのかな
愛情かけて育てているのになぜ
子供ながらにもう犬なんか飼いたくないと思った
三匹共、お袋が東京の土産で買ってきてくれたのだ
その後40数年絶ち、新潟の老人ホームいる
お袋に昔話で犬の話をした所
「実は俺が三匹とも捨てたんだいや」・・・…絶句
お袋は動物が好きでなかったらしい
子供の為に我慢したとの事
でも原因が分かっただけでも嬉しかった
お袋も天国で「まり」と仲良く遊んでいてくれたら
いいなと思う・・・・
この事は姉貴達は知らない・・・
このブログを見たら驚くだろうな

P・Cゲーム

俺の遊んでるサイトを紹介します
777town・net
パチンコ
スロット
ニックネーム=samuraiパチ之介
毎日仕事をしながら遊んでいます{放置プレイ}
月会費=1800円
24時間やり放題

丸雀
オンライン麻雀
東風戦=80円
東南戦=150円
ニックネーム=baby1040
最高峰の天上戦で優勝
永久殿堂入りを果たす

遊び処・ふくろふ
オンライン将棋
有料と無料がある
俺は無料会員だが充分に遊べる
守りよりも攻めの棋譜
12級
ニックネーム=居眠狂四郎

喧嘩

カサブランカの頃は
よくカミさんと喧嘩をした
仕事を終え車も貧乏で買えなかったから
二人で喧嘩しながら夜道を歩いて
帰ったものだ
いつも泣くのはカミさん
お客さんの前で愚妻と言われる事に
我慢が出来ないといつもその事で
喧嘩したものだ
その頃の俺は人前でカミさんを褒める様な事は
男らしくないと思っていた…{今でも}
と・と・所が女と言う物は変われば変わるもので
今は逆にバイトやら、お客さんに俺の事を
悪口雑言
俺の枕は涙でビショ濡れ・・・{ヨダレが少々}
せめて子供の前では俺の事を
たててくれよと言っても
一緒になって俺を攻撃する
「おいおい勘弁してよ」
普段は、かなわないので、カミさんが
へまをやった時に、ここぞとばかり口撃俺の細やかな抵抗
何やかんや言ってもカミさんは偉い
最近の俺は影が薄い・・・と言う事は
そろっとお迎えが近いのかな



時効

中学1年の時、学年の作文コンクールで
最優秀賞に選ばれた・・・
そのお蔭で最悪の事態が・・・
学年の弁論大会に選ばれる事になり
人前で物を言う事は別に苦にはなかった
当時は劇の主役を3回もやり
慣れていたのかも知れない
しかし弁論と言うのは自分の主義主張
述べる事だから俺には出来ないと思い
辞退を申しでてクラスの中で
泣いてしまった
でも皆が手伝ってくれると言う事なので
しぶしぶ了承した
家に帰って二人の姉に相談した所
困っている俺の姿を見て一番上の姉貴{現在、大会社の社長夫人}が
「しょうがないから私が書いてあげる」
その一言で命が救われた気分になり姉貴が
お釈迦様に見えた
2時間位で書き終わり・・はや・・・
題名は「友情」
出だしは今でも覚えている
「友情、この言葉は何と美しい言葉でしょう。勉強友達
ケンカ友達・・・・」
先生に呼ばれこの作品が全国大会に応募すると言われ
やばいと思い提出する原稿用紙にわざと汚く書き
入選しなくてホットした事を覚えている
弁論が終わり檀上から降りて来る時に
初恋の彼女と目と目があつた事を
今でも覚えている・・・・・
あの頃の俺は純情だったからな
今だから・・ごめんなさい


休み

今日は休みだ
朝から晩までパジャマ姿
なぜならば漢流映画の龍の涙
7本見なくては、ならないのだ
P.Cでパチンコしつつ
頭休めに麻雀と将棋を遊びながら
映画を鑑賞するから
我ながら忙しいのだ
あまり動かないから時々筋肉痛を起こし
悲鳴をあげながら揉んでいる姿を想像してほしい
馬鹿丸出し
考えるに俺もこの年になり
引き籠り族になるのかな・・・・・・・

勝ち組

人生・勝ち組負け組があるとすれば
早くあの世に逝った方が勝ち組
遅く逝った方が負け組である
なぜならば
人は何の為に生きている?
財をなすため?
偉くなるため?
そんな事ではない
結論は誰もが死ぬ為に生きていると言う事だ
だから・・・
早く逝った方が勝ち組なのだ
人間は四苦八苦しながら生きている
四つの苦労と八つの苦労を掛けると
4×9+8×9=108
108の煩悩である
人生の倫理である・・・・・・・・なんちって

珈琲について

前のお店{カサブランカ}では
ストレート・ブレンドはサイフォン
アイスはドリップ
樹林館では
珈琲はエスプレッソ
{イタリア式の蒸気を利用した瞬間熱湯噴射式
風味より苦みを主体とし、濃厚なので
思い感じを与えますが実は
一番刺激の少ない軽い珈琲です
最大の特徴は珈琲の表面にできる白い泡
蒸気の力で一気に抽出が行われる為であり
他の珈琲とは違ったを与えてくれます}
カップも三種類あり
スモール{本格派・濃い}
シングル{標準}
ダブル {薄い}が選べます
砂糖にも拘り、フランス産の角糖を使用し
かじりながら飲むのが樹林館流なんです
珈琲豆は35年間一番信頼出来るkeyコーヒー
使用しています



真面目に

人気パスタ=250g大盛り500g
ナポリタン
{最高級のケチャップと二種類のナポリタン・ソースを
ブレンドしワインとミルクを絡める}
グラタン・パスタ・グラタン・カレーパスタ
{28年前に考案し現在に至る}
タラスパ
{新鮮なタラコをふんだんに使うので濃厚
青紫蘇ノンオイルをかけて食する}
野菜のペペロンチーノ
{キャベツを多目にガーリックとオリーブオイルと
香辛料で絡める}
クリームソースとキャベツのパスタ
{独自のクリームソースにキャベツをメインにした
具材を入れたスープ仕立て}
ベースパ
{玉ねぎ・ベーコンを塩と胡椒で絡める}
気まぐれパスタ
{必ず海苔がアクセントに付く}
とうもろこし畑のナポリソース
{コーンの大盤振る舞い}


特技

カミさんの特技
一度見たら絶対に覚えている事
何年振りかにお客様が見えられても
「お久しぶりです」と挨拶すれば
「私の事を覚えていてくれたんですか?」って
お客様が驚くんです
傍にいる俺達も驚き桃の木山椒の木
カミさんは又それで友達が増えるのだ
何とも羨ましい限りだ
俺なんかバイトの顔も覚えてないし
特技も寝る事だし
ヨダレもするし
寝ながら料理するし
友達もいねーし
最悪な爺かも・・・・・
こんな俺を捨てないでチョウダイ・・なんちって
加藤茶が羨ましいようー



御礼

樹林館のホームページを作成して
下さいました鈴木一成様と
ご紹介してくださいました
山崎弘司様に
この場を借りて厚く御礼申し上げます
一成ちゃんあんがと

カウンター

マスターのプロフィール

kirinkan1040

Author:kirinkan1040
1950年2月12日
66歳なのだ
身体はガタがきているが
精神年齢は20歳なのだ

有限会社
coffee family 樹林館
代表取締られ役   


カミさんと共に39年も飽きもせず
やっているのです・・ふ~

二人の息子がいるのだが
まだ未婚なのだ{お嫁さん募集中}
孫が欲しいのに親不孝者だよな・・


趣味・・パチンコ:スロット:麻雀:将棋;映画鑑賞
    ドライブetc

特技・・どこでも眠る
    料理をしながらでも
眠ってしまう・・病気?


人生はケセラセラ・・なるようになるさ(^_-)-☆

非常ボタン

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

灯篭が静かに流れていくブログパーツ

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)

おしゃべり時計

線香花火を楽しめるブログパーツ

colorfulWindow

Web page translation

バルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)

amazon今日の新譜CD

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

カウントアップカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。