表彰?

表彰 されちゃいました(>_<)

それが これだ||

    ワン・ツー・スリー

DSCF0319_convert_20130531174838.jpg

そして 記念品が これだ||


DSCF0323_convert_20130531175343.jpg

この場を 借りて

ありがとう ございました

昔は 人口の比率に 合わせて 喫茶店の店舗数が

日本一だった 長岡

新築の 建物が 出来ると 必ずと言って言い程

喫茶店が入った 他店との 競争心も 起き

あの頃は 若かったせいもあり 

一言で言うと 本当に 競争が 楽しかった

他店に 負けまいと 真っ向勝負の毎日

最初は 日・祭日を休み 公務員喫茶と 言われてたっけ(笑)

安具楽を 欠き過ぎ

これでは いかんと 一念発起して

年中無休で営業 今思うと 本当に俺?って感じ(笑)

店舗数が 今では 51店舗しかない・・・・・

寂しい限りだ 店内で 煙草も 吸えないお店も 増えて

悲しいかな・・・・禁茶店なんだよな(T_T)

喫茶店らしく これからも

喫煙を断行し 旨い珈琲と 旨い料理

提供したいと思う なんちって(笑)

暖かい眼で 見守ってね♪

これからも ヨロピク・・・・・



 



スポンサーサイト

光の中

4~5年前の 話だが 霊現象を信じてない 次男からの電話で

マンションに 亡くなった お婆ちゃんが 来たとの事

詳細を 聞くと 夜中に 気配を 感じて 起きたら

扉の 外に 誰かが いる様なので 寝ぼけているかと思い

PCを 立ち上げて 起きている事を 確認して

玄関の 扉を 開けたら お婆ちゃんが 立っていたとの事

次男が 「どうしたの?」って聞いたら 

お婆ちゃんが 「お兄ちゃんが 死ぬかも しれない」

次男が 「何で? どうして?」と 色々 聞いたら

心臓の 辺りの病気らしい

お婆ちゃんが 帰ると 言うので 次男が

猫の 置物が 二つ あったので 大きい 置物を あげようとしたら

お婆ちゃん曰く 「大きいから 持っていけないので 

小さいので いいから」と言った

次男が 小さい猫の置物を あげたら 

お婆ちゃんが 眩しい光の中に 消えていったと言った 


10823665-stairway-to-heaven-in-the-light[1]


この話を 聞いた俺は 訳が 解からず

霊能力の強い 彼女に 霊視をしてもらったら

長男が死ぬ所を 猫の置物が 身代わりに なってくれたとの事

家族の 魂が 揃った方が 良いと 言うので カミさんと一緒に

揺れる 新幹線に乗り 二人が 住む 東京へ 向かった

駅で 待ち合わせ 次男の マンションに親子4人で集まり

色々話をした そして浅草で お参りをして食事をとり

楽しい時間を過ごして 帰路に着いたのだが・・・・

次男は 貴重な体験をしたのにも 関わらず

未だに 否定的なのだ

たぶん 認めるのが 怖いんだろうと 思う

俺も 半信半疑では あったが 2年前から

自分で 体験をし魂の 存在を 納得した

お婆ちゃんの 魂が 長男を 救ってくれた事に

感謝の心を 込めて

本当に 本当に ありがとう






 




             
 



  

カウンター

マスターのプロフィール

kirinkan1040

Author:kirinkan1040
1950年2月12日
66歳なのだ
身体はガタがきているが
精神年齢は20歳なのだ

有限会社
coffee family 樹林館
代表取締られ役   


カミさんと共に39年も飽きもせず
やっているのです・・ふ~

二人の息子がいるのだが
まだ未婚なのだ{お嫁さん募集中}
孫が欲しいのに親不孝者だよな・・


趣味・・パチンコ:スロット:麻雀:将棋;映画鑑賞
    ドライブetc

特技・・どこでも眠る
    料理をしながらでも
眠ってしまう・・病気?


人生はケセラセラ・・なるようになるさ(^_-)-☆

非常ボタン

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

灯篭が静かに流れていくブログパーツ

画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)

おしゃべり時計

線香花火を楽しめるブログパーツ

colorfulWindow

Web page translation

バルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)

amazon今日の新譜CD

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

カウントアップカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR